夜間の運転について

| 未分類 |

交通事故において、明るい時間帯に比べると夜間の方が死亡事故が多いようです。そのため、運転には気をつけなければなりません。この時間帯の事故にはどのような要因があるのでしょうか。
まず、スピードを出しやすいということが挙げられるでしょう。昼間よりも交通量が少なく、スピードの出しやすい環境になっています。事故のほとんどが、法定速度を超過したことによるものです。また、周りが暗いとスピードが遅く感じることも原因です。感覚として遅いと感じても、スピードメーターを確認し法定速度を守るべきでしょう。
周りが暗いということは、他の事柄にも影響します。それは、見通しが悪くなることで危険の発見が遅れてしまうということです。もしも昼間であったら回避できたかもしれない、という事故は多々あるようです。そのほとんどは、歩行者に気づかず接触してしまうという事故です。先程述べたスピードの出しすぎと共に、しっかりと周りを確認することも大事です。また、対向車のヘッドライトが眩しく周囲確認ができなくなってしまった場合は、視点をやや左側に移すと良いようです。
昼間にも言えることですが、この時間帯において特に大事になることはゆとりを持つことです。焦りはこの時間帯では事故に直結することも珍しくありません。