車を運転するときは、決められた速度で走行することは当然ですが、道路や交通の状況、天候や視界、その時の状況によって、条件は異なるので、その状況をしっかりと判断して、安全を心掛けなければいけません。
夜間は、昼間に比べて、他の車や歩行者が見えにくくなるので、走行中の危険度がかなり高くなります。道路を通行するときは、必ず、前照灯、車幅灯、尾灯をつけなければいけません。同じ道路でも、夜間は昼間よりも少し、速度を落とし、車間距離を長めにとって走行するとが大切です。前の車や対向車との距離は、相手の車の尾灯や前照灯の位置や明るさによって判断します。黒っぽい服装をしている歩行者は見えにくいことが多いので、注意が必要です。
車買取相場
又、雨のときは、視界が悪く、路面が滑りやすくなっています。歩行者も雨に気をとられて、車の接近に気付かないケースが多いく、悪条件が重なるので、慎重に走行しなければいけません。
視界が悪いときは、昼間でもライトをつけましょう。、路面が滑りやすくて、停止距離も長くなるので、天気の良い晴れの時よりも速度を落として、車間距離を長くとって、走行することが事故防止につながります。
急発進や急ブレーキもスリップの原因となるので、エンジンブレーキをかけたり、数回に分けてブレーキを踏むようにしましょう。悪条件での車の走行は、通常よりも、慎重にすることを心がけましょう。