夜に車を走らせる事がが好きな方は、そう多くはいらっしゃらないのではないでしょうか。夜は基本的に私たち人間には、物が見えにくくなるような時間帯となりますので、歩いていてもかなり不安になったりすることがあります。ましてやそれが車を使用するということになりますと、いくら前照灯があるからとは言え、その周りの様子は殆ど見えることがなく、どうしても判別しにくい事となります。交通事故の原因ともなりますので、できるだけ夜に車を使用することは控えた方が良いと考えられるでしょう。
しかし、生活上ではどうしても夜に車を使用することが必要となることもあります。その際にはとにかく安全運転を心がけるようにしましょう。基本的に夜間ではスピードをある程度控えた上で走行をすること、そして前車との車間距離を昼間よりも多めに取ることを心がけて、衝突事故などを防いでいかなければなりません。
またその他の危険性として、対向車のライトがかなり眩しく感じることもあります。その光源を見続けていますと自分の目がげん惑され、しばらくの間目の前が見えなくなってしまいます。直接相手の光源をみることなく、道路の左側に視線を移して、眩惑される事を回避しましょう。