車間距離は長めに!

| 未分類 |

走行中は自分が思っている以上に車間距離が短くなっていることが多くあります。
逆に、適切なドライバーの車に同乗した時、長いなと感じた経験がある人もいるでしょう。
正しい運転をするうえで、適切な車間距離を保つことはとても大切です。
例えば、急ブレーキをかけて車を停車させるまでに、一般道を時速60kmで走行していたら約44mの距離が必要と言われています。
つまり、前方の車への事故を避けるためには約45m以上の距離が必要になるということです。
さらに、高速道路の場合時速100kmで走行していたらやく100mの距離が必要になります。
では、どのようにして適切な距離を保てばよいのか、適切な距離を保つ目安について解説します。
例えば、高速道路にはドライバーが適切な距離を確認するための目印が設置されています。
走行中に、左側に0m50m100mといった緑色の標識が目に入ると思います。
この標識を目視で確認しながら前方の車との適切な距離を保つようにします。
最後に、これらの目安は天候がいい時の目安で、雨天時は路面が滑りやすくなるのでさらに距離が長くなります。
追突事故などを引き起こさないようにするためにも意識的に前方との距離を長くとるようにしましょう。