高速道路は、スピードが出ているのにも関わらず、障害の無い道路を走っている為、ドライバーにはスピードを出していることに感じないものです。
安全な運転をする為には、十分な車間距離を取る必要がありますが、高速道路ではドライバーが思っている以上に、車間距離は短いのです。

車間距離を、車間時間で比較しますと、車間時間とは、前の車が通過した後、自分の車が通過する時間ですが、ドライバーは3秒あけていると答えていますが、実際の拘束時間で計った時間は1秒ほどしかあいていないのです。
短い車間距離にも関わらず、多くのドライバーは十分な距離をあけて走っていると思い込んで走行していることです。
ドライバーが走行中に前方の異常に気付き、車を停止させるには、スピードを出していればいるほど、時間が掛かり、車間距離が必要なのです。

一般道を60km/hで走行中の場合は、車が停止するまでに約44mの距離が必要といわれています。
高速道路では100km/hでは約100m・80km/hでは約80mとスピードと同じくらいの車間距離が必要なのです。

ドライバーが十分な距離感をつかめず車間距離をあけているという勘違いする現象を、錯覚といいます。
安全走行の為には、自らの感覚だけに頼らず、スピードメーターをこまめにチェックしながら、走行することが必要になります。