雨の日は、晴れの日に比べて、交通事故が起きやすく、慎重に運転する必要があります。
原因としては、人間の情報は、目から入っていることが関係しています。
悪天候ですと視界が悪くなることと、路面状況が悪くなること・周囲の音が聞こえにくくなっていることが原因で、周囲の状況が判断できないことから細心の注意を必要とします。
晴れに日には何事もない状況でも、道路の形状が変わっており、マンホールの蓋が開いていたりして、ハンドル操作を誤るという危険性もあります。
こういった状況では、昼間でも自分の状況を他の車両に知らせる為にヘッドライトを点灯する必要があります。
又、歩行者も水たまりや濡れるのを避ける為に、急いでおり、車からの注意を忘れております。
歩行者に気がついて、急ブレーキをかけても、摩擦係数が少ないことから、晴れの日に比べて急ブレーキはかかりにくいものです。
晴れの日に比べ、車間距離をとり、スピードを落とし、走行する必要があります。
特に高速道路では、スピードが出ていますので、ハイドロブレーニング現象が起きやすいと言われています。
ハイドロブレーニング現象とは、タイヤが氷の上を滑っているような状態になる現象で、特に急ブレーキはハンドル操作を誤り、スリップする危険があります。